ほぼ生存確認用日記

一ヶ月更新なしでワンナウト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハンターハンター

ジャンプ

フラゲ早すぎる件


そういえば今週は河下水樹の新連載が始まっていたけど
こいつは何も変わってないな

どうしようもないクズ
一つのことしか考えられない単細胞
不自然に心の清いバカ

この三種類の人物だけで構成された
都合の良いイベントが都合よく起こる
恋愛ドタバタコメディー

この人は人物描写からイベントの内容から
よくもここまでリアリティの欠片も無い漫画が描けるなと思う
そういう部分がかなり重要なファクターである恋愛漫画でこれをやるのだから恐れ入る


なんか魔女の漫画が終わりそうなんですが
この漫画は、多くの登場人物や伏線がバラまかれただけの
昨今のややこしい漫画とは違って(リボーンとか)
わかりやすく見やすい
悪く言えば古臭いですが
こういうパラパラとめくるだけでスッと入ってくる漫画が一個くらいあってもいいんじゃなかろうか
スポンサーサイト
  1. 2007/10/02(火) 01:03:33|
  2. 漫画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

久々に漫画感想

サンデー立ち読みしてて、このごろの結界師が面白いので単行本1~5巻買いました。

もう…なんつーか
地味、ここに極まれり!!
いろんな面でスペック高いけど地味が売りという
どっかの出席番号31番みたいやわぁ

まず絵がすごい地味。演出控えめ。イベントも控えめ。
見知らぬ敵が毎回現れるという舞台なのに、緊張感控えめです。
ページをめくったら…大蛇丸が木陰から覗いてたーー!!
みたいなビックリ展開はないです。もののけモノなのに、心臓にやさしい。

全体的な印象としては、
(うしおととら-緊張感)+(蟲師-神秘さ)
こんな感じ

地味地味言いましたが、その分現実との距離感が近い感じがします。
特に主人公の思考はよく理解できるし共感できる。良作と思います


○ジャンプ
旅行の移動時間潰しの為に、久しぶりに購入しました。

・デスノ
先週のデスノは、やっちゃたなぁという印象を受けました。
高田様が葬られるのはいいとして、メロはライトではなく大場さんに葬られちゃいましたね。
思い出したように久しぶりに出てきて瞬殺なんて、メロ出したのは失敗でしたと公言してるようなもの。
警備がきつい中、むりやりさらって返り討ち死亡って…

大場さんは、総一郎死亡前後でそのまま殺しておけばよかったと後悔してるでしょうかね?

来週はついにニアライト対決ですが、大場さんのことだし来週か再来週に連載終了ということも十分考えられる。
急展開が多すぎて、まだ100話くらいだなんて思えないよなぁ この漫画。

・ワンピ
この漫画の緊張感のなさは別格。さっき結界師に緊張感ないとか言ったけど、それとは別次元ね。
ワンピが昔と比べてツマラナイと言われるのは、質が落ちたわけではなくて
尾田さんが延々と同じことを繰り返しているからです。
連載当初からずっと読んでる自分みたいな人で、今もまだワクワクして読める人はそうはいないでしょう。
よくも悪くもこの安定感がワンピ。
離れていく読者よりも新たに食いつく読者の方が多いから世間でこんな評価高いんでしょうね。

・タカヤ&リボーン
読んでてこれだけ編集部の影を感じるのは他にないでしょうね。
きもちわりぃ雑誌だねージャンプって

タカヤ、数十話ぶりに読んだけど
この美形な側近が黒幕なんでしょ?裏切って
「ハッハー!!もうガキのお守りはウンザリだぜぇ」
とか言い出すに10ペソ

裏切りって、古典的には完全無欠or優しいorマジメなキャラがやるもんだけど
クセを出して読者に愛着を持たせた上で裏切る方が、読者にダメージ与えられるもんなんですよね。

・蟲人間
村中孝さんきたわぁ!
赤マル以来久しぶりに見た気がする。
結構前からかなりズバ抜けたものがあるなぁと思ってたんですけど
画力は大幅にアップしてますね。

が、シナリオの方は前の時よりもかなりオソマツ…
もうツッコミ所が多くて多くて…残念です。
とりあえずこの説明口調をどうにかしてはくれまいか。疲れる。

蟲人間をテーマにしてるようだけど(つーかタイトル)「蟲人間」というフレーズは全く必要ないですね。
蟲バトルがあるわけでもなく、冷徹→蟲人間 の流れは無理がありすぎるし
主人公に友達ができなのも蟲人間体質と関係ないし
そもそも「なんでこんな体質かわかんねー」って…

敵役も、陳腐の極み。
頼んでもいないのにご高説を垂れ、正体を晒すなんて
何十年前の漫画ですか?
読みきりだからこんな倍速展開にしました なんてのはいいわけにもならない。

しかしそうは言っても、ヒロインはかわいいし画力もジャンプ向けなので
もし連載したら準看板漫画くらいにはなれると思います。
グレイマンを見てわかるように最近のジャンプの判断基準は
画力80%ヒロイン15% くらいですから。

まぁでも実際この連載は見てみたい。
ツギハギを初めとしてミスフル、みえるひとなど
掃討がそろそろ始まりそうなのですが、
流石にそれに合わせての連載開始は間に合わないですかね。

○サンデー
アルバトロス、数話前の表紙のパンチラとか
今週の吹き出し尻隠しとか
狙いすぎなのもどうかと思います…

○マガジン
単行本楽しむために、スクラン禁立ち読み始めました。つらーい
  1. 2006/03/18(土) 23:18:29|
  2. 漫画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

久々に漫画感想

読み度に思うんですが、雑誌単位でのアフタヌーンの質の高さは凄いものがありますね。
編集部グッジョブです。作品の全体のトーンを合わせてるから安心して読める。ジャンプやマガジンの無能さとは大違い。
最近見たアニメで個人的にベストは蟲師、漫画はおお振りなんですが
両方アフタヌーンなんですよね。
てかさ、気のせいかもしれないけど本屋やコンビニでのアフタヌーンの扱いは酷くないかい?いつも見つけにくい所に放置してあるような…。

・聖結晶アルバトロス(サンデー)
おいおいおいちょっとまて!
作者はこれが初連載だと??
これほど描き慣れた新連載は見たことないんだけども…
読者のツボを的確に突くキャラや全体の構図は赤松並みの計算高さを感じるね。
しかしながら、未知の怪物と戦うってテーマは少年誌では危険。
まさにこういうテーマはジャンプにおいては即死コース直行。

最初、この漫画はイロモノだと思ってたけどシナリオ以外はかなりいいと思うし普通に読めますね。毎週楽しみにしてます。

・FOREST(ジャンプ)
読み切りの内水融はガチ。
カインも読み切りは結構面白かったしなぁ。
しかし久々にジャンプの読み切りで面白いと思える作品を読めた気がするよ。
この人連載になるとすぐ失速するんだけどね。

内水氏の欠点はなんといっても敵キャラの魅力のなさ。
まさにステレオタイプ。数十年前のドラマにいるようなチンピラキャラ。
ビジュアル的にも内面的にも魅力は皆無だから読者は飽きる。
それさえなんとかすれば連載しても即死だけは絶対に回避できるはず。

今回は、悪者だった盗賊が無垢な少女と過ごすことによって心情が変化するハートフルな展開で、ありきたりといってはそうなんですが
剣士がいい味だしてたのが肝。
これで剣士がいつものチンピラ悪者だったらこの読み切りは死んでたと思う。
なかなか好評なようですがまた連載はあり得るのかね。
時代背景と敵キャラがまともなこの人の連載が読みたい。
  1. 2006/01/16(月) 03:41:02|
  2. 漫画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ジャンプ感想

なんてこったジーザス!
黒猫アニメのキャラ紹介がキモくないぜ

・アイシ
「あぁ だからテメーはめんどくせーんだ」
「ん 何かしたか今」

かっこよかーーー!濡れ濡れもんです。
策士の赤羽を、同じく策士のヒル魔、決意のセナ、新加入のムサシの3人で突破。相手がキックチームであるゆえにムサシの扱いを重くするんでしょうかね。持ち味のパワーキックの魅力を描いたのは今回が初めてか。
展開としては、赤羽のキャラがキャラだけに後出しでいくらでも策がでてきそうなのが少し萎える。

・ブリーチ
ブリーチは日常パートが好きです。浅野が出なくなった(も同然)のは残念ですが今週のおにぎり関連は笑った。
来週からバトル突入みたいですが、ソウルソサイエティでもやった並行バトルが再び。
あの時は前準備をシッカリ描きながら結局ほとんどが省略といったグダグダ展開だったんで二の舞にならんことを祈る。
今週の後半、敵のボスだけいないけど裏原と戦うんかね。
織姫ならともかく、茶渡が守られるポジションになってるのは似合わない&情けない…

・べしゃり暮らし
漫才漫画なのにギャグが面白くないという声をたまに聞きますが
作中のギャグの対象は作中のキャラであって読者ではない。

・大泥棒ポルタ
三話見ましたが、ギャグやシュールさや萌えといった新要素を加える気もないようなので2クールくらいの命かと。

・もて王
ある意味現在のジャンプで一番楽しみな漫画。コアな読者はこの漫画が一番のツボであることは間違いない…

一口夕利をロリータのアナグラムであることに気付くのに5秒を要した自分はどうなんだろう。早いのか?遅いのか?
今週の傑作パロはなんといってもDBだな
「だったら別にHEAD-CHA-LAだろ!」
ストーキング→スパーキング からここまでのものを生み出すとは恐るべし。
デスノネタも笑ったな~。
「略してモモタイ」の顔が似すぎだwしかも案の定はねられたし。
で、微妙なんですが「わーッ!紫の顔の人ーー!」ってところはデスノで心臓麻痺で死ぬ人の様子をパロってんだよね?そうじゃなきゃシャツのボタンとか出してくるの不自然だし。

もて塾塾長 とか 特Aランク とか
もはやツッコミもしないけど
立ち読み派にはこれレベルでも気付かない人多いかもね。作者が読者として玄人すぎるのですがそれは自覚してるんかな?
あまりレベル高くしすぎるとライトな層は全く付いてこれないような…。

・王子様
力量のなさを披露するか!バァカめ!
といった感じでしょうか。コノミンの致命的な欠点、展開構成能力値がスカウターで5、ゴミめ…。
手塚は病み上がりです。リハビリの様子も描きました。キーパーソンの女の子とのイベントも描きました。
でも勝因は雨でした。めでたしめでたし

・デスノ
うわあああああ出目川タンが死んだーーー
最高のネタキャラを失うとは痛い。穴を埋めようにも松田、てめーじゃ役不足だ。

なんかメロ×ミサが目に浮かぶなぁ…

・ネウロ
おお、初めてこの漫画のトリックに感心した。変な道具やら使わずに、簡単な心理トリックを使うのは好感触です。「恐怖という名の鍵」はうまいね。
でも、犯人特定に何のヒネリもなくダイイングメッセージなぞに頼るのは情けないぞ。

石原軍団が外で待ち伏せしたり、ライスがお台場みやげを背負ってたり、こういうギャグは毎週安定しておもしろいです。ダイイングメッセージで「ヒント:県庁」とかなってるのも余りにもくだらなくて笑った。
最近の犯人は顔が変化するのがデフォになっちゃってますが…アメリカ人だからって鼻を高くしたのか?ヨーロッパ系ならわかるが…。
「ッダーカラ!」とか「薬物とコルクバット使いマース」とか「シリの毛まで抜けるような」とか、細かいとこまで面白くていいね。

・タカヤ
バトルよりマシ…だよなぁ。タカヤのツッコミも結構面白いし。

・グレイマン
先週の共闘具合は良かった。ミランダをかばう船員や、舵を取る女主人(名前失念)も使いどころがうまかったと思う。
今週は敵の能力が発動して船が沈められ、リナリーのタイマン。
この漫画はいつも
敵が正体不明の能力を使う→主人公達やられる→克服
の一辺倒で工夫がない。何が起こってるかよーわからんうちにまず味方側がやられるからなぁ。

・ミスフル
最終的には剛と静の打法を組み合わせた打法を猿野が生み出すのか。
犬飼も秘球全部出しちゃって用済みだし、この打法が場に出ることが連載終了の兆しですかね。

・みえるひと
人気降下中の過去話は非常にキケン。
過去話で盛り上がりを取り戻すなんて事態はまずないから。
岩代さんでこれだから、やっぱジャンプには内容よりも派手さや華がないと生き残れないんだなぁ。わかってたけど再確認。悲しいわぁ。
  1. 2005/10/25(火) 02:20:43|
  2. 漫画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

漫画感想

○マガジンスペシャル
ライフライフが面白い。スミレや俺キャプに告ぐ柱になれるやも。
マガジン本誌はなぜかグダグダな新連載ラッシュで落ち目になってる印象があるので、スペシャルの方が抜いてしまうかもしれませんね。

○ジャンプ
べしゃり暮らし…なんてセンスのないネーミング…。
森田先生に求められてるのは漢らしさや熱さだと思うんですが、漫才漫画でそれが出せるのか?
いざとなればケンカ展開に持っていけば人気は保てるかもしれませんが、漫才がテーマなので極力暴力描写はタブーにしてもらいたいもんです。

・ワンピース
「悪魔の実を2つ食べたらどうなるか」
数話目で出すようなこんな単純なテーマに行き着くまでに385話
強さ=実の能力 であるこの世界で、ここまでこの話題を放置してたのは作者が忘れてたからか?
「一人一個しか食わない」という暗黙の了解が破られた以上、同じ実を数人で食い分けたら全員同じ能力が得られるんじゃないか
とか言及するのが当然かと思いますが、これはやはり放置されるのかな。
もしそれで能力の分与ができちゃうなら、ロギア系の実を見つけた海賊団がそれを食えば最強軍団のできあがり~

・太臓もて王サーガ
木嶋ゾーンにすげー笑った。構えが最高すぎるw
パロネタにしても、ニ話くらい前の「失敗した時、魔界人だとバレた時、速やかに死ぬこと」
ってのは微妙にわかりにくい気が。ちっちゃいコマでツッコミも甘いからなぁ。
ジョジョ系のツッコミは解説まじりだけど、パロネタでも通常のツッコミしかしない時もあるのがなんだかな。
気付かない人に対しても、普通に読まれるよりは「え?これってなんかのパロなの?」と思わせる方がいいと思うのですが。
しかし、最近ハンタで出てきたばっかなのをすぐさま使う所は流石だ。この人ジャンプ大好きね。

・大泥棒ポルタ
ジャンプ向けではないかなーって印象。
減点法でいくと優秀生ですが加点法でいくとあまり魅力のない漫画。
ジャンプ本誌はかなり顕著に加点法で評価される傾向にあるので連載としはどうでしょうかね。

○ヤンジャン
キャプ翼じゃんヽ(゚∀゚)ノ!
なにからなにまでお変わりないようで…
ビィム! とかね。てかなんで実際の人物が登場してるんだ。
本人に訴えられないか?○ニスの王子様で実際の人物が出てきたらどうなるか見てみたい。
もし自分がアレに出されたら訴えます。

○サンデー
・絶対可憐チルドレン
45号にて、正統派ヒロインの条件を満たした脇役:ナオミ登場
この脚のエロさはこの人にしか描けないだろうなー。

今週号で薫がさらに横島化してきました。その兆しはあったけど、45号で急に開花。
横島キャラがいるかぎり、椎名さんは不滅です!とか言ってみる。
しかしホントこのキャラの描写には迷いがないな。

「男性ホルモンオン!オヤジスイッチ入ります。」
こういうボケはいつもハイテンションなノリなだけに、このコマは新鮮だった。

・あいこら
作者の自己満ここに極まれり!あいからわず描いてて楽しそうだ。
今週号は今までで一番ヤバイ回だったんじゃないでしょうか。濱中アイではエロ単語を隠喩してる部分はあるけど、こっちはモロだもんなー。
相手がロリキャラなだけに、エロ単語言わせてその場面を妄想する主人公なんて倫理的にもどうかと。
中田真一にはクソワラタ
  1. 2005/10/13(木) 21:15:11|
  2. 漫画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

漫画感想

いろいろ読みすぎて何がなんだか
全部詰め込もうと思ったらすんげえ長くなりそうだったので続きはまた今度…

○ジャンプ the Revolution
表紙がデスノでも掲載は期待しない。それが赤マル読者クオリティ。
値段は500円とチト高いですが、少数精鋭でレベルも赤マルよりは遥かに高いのでまずまずかと。
自分的には500円中300円くらいが和月さんの「エンバーミング」だったりします(買ってないけど)

銀魂のポスターはある意味凄いですよね。こんな質のものをでかいポスターにするなんて、作った人への恥辱プレイにしか思えない。
なんかこんなんいるし→( ´∀`)

・エンバーミング
和月さん、生き生きしてますね!
グロ描写もお手のもの。るろ剣の新月村を思い出しました。
主人公が姫様をダッコしながら螺旋の血しぶきで攻撃するコマなんて
かっこよすぎて失禁ものです。
姫様は脚をとられラストで死ぬという終始可哀想な待遇ですが
イヤァァァァァ と脚を千切られるのは、なんかむずがゆいというかなんというか…
今ならあいこらのハチベエの気持ちがわかります。

主人公:ジョン・ドゥー
この名前を見るとWA4でバレーコンビネーションしてくるサイボーグ三人娘を思い出してヘタレのイメージが拭えない。

・エンジェルエージェント
赤マルかなんか以来、久々に見ましたこの人の漫画。
ヒロインはかわいいし絵柄も丁度よいくらいの汚さなのでジャンプ本誌向けかもですね。

この漫画の一番の長所は、ポンポン展開が進むテンポの良さだと思います。
どんどん進んでいくのに唐突ではなく、文字がそう多いわけでもないので見ててストレスもなし。
ジャンプ本誌が誇るテンポ最遅漫画・ナルトと比べると速さは10倍くらいな気もします(当社比)
それにしても、まみみのワカメスカートはいったいどうなってるのか…

・いちご100%
寝て起きたら「ここどこ?」
あるあるw

原作通り、美鈴を出すとまともな話になりますね。
最終的にこのヤサ男が騙してた、とかなら個人的にパーフェクトだったんですが原作で美鈴が彼氏持ちなのがバレてたからなぁ。
河下さんはカメラの位置とかコマ割とかで臨場感を演出したりするのは元々うまかったんで、今回の読みきりでもそれが生きてていい感じ。
中学生チックな美鈴の純粋さが十分出てて良かったと思います。
さて、読みきりでも華麗にスルーされた唯と向井をどうしてくれようか。

・World4u
ムヒョに連載枠取りに負けたこの漫画ですが、怖さの演出はズバぬけて凄い。
普段の薄い絵柄と怖い部分との緩急が物凄いので、怖さを感じさせる技術はムヒョなんて比じゃないです。
ページ見開きの大ゴマで怖さを出す技術しかないムヒョと、少ない情報で怖さを表現する巧妙な技術を持ったWorld4u。
それでもムヒョに人気が出るということは、ジャンプにホラーの質は求められてないんだろうな…。

・砂のシグマ
小林ツトムさんの漫画だから期待してたけど…なんとありきたりな…。
この雑誌において、忘れられそうな漫画ナンバーワンかもしれません。
特にアラが目立つわけでもないんだけどなぁ…いわゆるジャンプ本誌の即死漫画。

・天球儀
藤崎さんの読みきりは毎回安心して読めるんですが…
今回はあまりにも薄っぺらい気がしました。
「宇宙は既存の概念そのものとは限らない」
というテーマを思いついて無理矢理肉付けした印象。
幽白を思い出させる始まりから、どんな展開に発展するんだろうかと期待してたら結局はテーマ見せで終了。
途中に入る主人公の友達のコントはいつも通りアレだし、尺稼ぎかな。
この雑誌は他の掲載陣が詰め込み型なだけに、この漫画は浮いてた感じがしました。
内容から見ても、ジャンプ本誌で連載は有り得ないか。

○月刊ブレイド
・アルトネリコ
ゲーム発売前に漫画化されるというのはアビスと同じだというのに
こちらだけは批判されない不思議。
「アル」というのは英語のtheの意味で、トネリコ=とねりこの樹=ギリシャ神話に出てくる世界樹・ユグドラシル(=世界の中心を指す)
なので、アルトネリコとはザ・ユグドラシル=ザ・ワールド
みたいな意味かと。時は動き出(ry

漫画の内容の方は…あまりに普通すぎて読む気が失せる…。

・ARIA
なにやらアニメが始まるとのことなので読んでみました。
よくも悪くも雰囲気漫画ですね。ホームビデオで録った映像をそのまま漫画にしたような。
こういった類の漫画は、ハマる人はハマるし苦手な人には何が面白いかわからんでしょうね。
演出は極めて控えめで、独特の間で勝負。
「ああっ女神様っ」と、ある意味近いテイストかも。
アニメでは漫画の再現ができずに劣化させられる可能性が…。
つーかアニメのメインキャストが
ベッキー 鈴音(シャーリィ) 五十嵐先生 のぱにぽに陣から
リイタ(イリス1) ノーマとかえらいタイムリーなので
これは見るしかないかもわからんねってやつです。

・破壊神るるこ
お~~、和みます。
短すぎな制服とか、狙いすぎギリギリラインに立ってるような際どい位置なので今後が心配。
  1. 2005/10/10(月) 06:14:07|
  2. 漫画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

おいこら(漫画感想)

なんでテキスト無視の趣味な問題とか、授業で扱ってない所の問題を出すんだ
私の二週間を返せぇぇぇ
持て余したEKGの知識はどこにぶつければいいのだバッキャローメン
(挨拶終わり)


・カイン(ジャンプ)
展開がまさに打ち切りの鏡ですね。可哀想としか言えない。
これでもう内水さんはジャンプ戻ってくることはないかな。
しかしもったいない。前も今回も、舞台選択さえ誤らなければ連載も長続きしただろうに。戦国時代にこだわるくせにその時代設定を全く生かさなかった内水さんの考えは最後までわからなかった。

・ナルト(ジャンプ)
ガイ組の並行バトル、しかも自分との戦いという絶好のエサをスルーとは何事ですか。
サソリ戦の合間にちょこちょこデイダラ戦を入れるタイミングも中途半端だったし。
サソリ戦のネタを考えた時点で力尽きたのかな。

・切法師(ジャンプ)
今週のジャンプでマイベストはこの漫画。
打ち切りとは思えないほどの質の高さだと思いました。
来週で終わりか。もったいない…。
今さら編集部に文句言う気も起こりませんが、打ち切り判定はいつからこんなに早計になったんだ?最近のマガジンとはまるで逆な体制ですね…。
そしてその影で、特定層のみに支持されてる不良債権化漫画の延命はいつまでも続く…と。

新連載に森田先生の漫才漫画と北島一喜さんか。まぁ両方とも失敗するだろうなぁ。これを期にジャンプは華々しく散ってくれ。

・スミレ17歳(マガジン)
マガジンスペシャルでは毎回載り、週刊マガジンでも何度も読みきり…
なんで連載化しないんだろう?
富樫の連載ペース<スミレの読み切りペース
ってぐらい頻繁に読み切りで載せてるのはなんか不自然だ…。

・スクラン(マガジン)
天満-播磨のイベントを起こすと、すかさず天満の勘違いネタで八雲-播磨をカバーするお約束の展開。
ゴミブリ髪には笑いました。

・コマコマ(マガジン)
これだけ本格的に絵が気持ち悪いと思ったのは神撫手以来だ。
破壊力バツグンでいい画風だと思いますよ。

・クロ高(マガジン)
実話ネタがかなりツボでした。これともうしまだけは安定して楽しめるなぁと思う自分は多分特殊…。

・絶対可憐チルドレン(サンデー)
あ~なんかチルドレンがだんだんかわいく思えてきたぞ。皆本との絡みがいいわぁ。
なんだかキザキャラみたいなのが出てきましたね。椎名さんの漫画でこういうキャラは地雷な気がするんで心配…。

・あいこら(サンデー)
自分のものでもないのに
目の前にメガネがあったら掛けてパンストがあったら履くなんていやそんなバカナー
こういう回を描いてる時の井上さんは凄い楽しそうだなぁ。
  1. 2005/09/27(火) 04:12:28|
  2. 漫画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア2」公式サイトはこちらへ


-天気予報コム- -FC2-


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。