ほぼ生存確認用日記

一ヶ月更新なしでワンナウト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マナケミア2レビュー

長文注意
マナケミアへの愛をこめて一生懸命書きました
この長いレビューをまとめたのが一個前の記事になります

●前作と比べて微妙だと思った点

・戦闘
今回とにかくタイムカードが見にくい、そして見る必要性もない
前作は行動順調節したりタイムカードの配置を考えたりと
手を止めて考えられる、戦略性のある戦闘だったけれど
今作は配置型スキルを連発しとけばいい、てかそれ以外のスキルが全然役に立たない
従って、自動的に配置型スキルがないキャラは全く使えない
つまりキャラバランスが崩壊している

前作は8人ものキャラが各自個性あるスタイルをとっていて
うまく使いこなせば全員ちゃんと使える神バランスだったんだけど
今作は強いキャラと弱いキャラがハッキリしすぎている
おまけに、選ぶコマンドはほぼ配置型スキルだけでいい
コマンドを選ぶ際の戦略性というのはガクンと減っている
タイムカードはおまけになってしまっている
ただ、今作は他の面で頭を使う必要があるんだけどそれは後で言う

配置型スキルでヒット数稼いで手っ取り早くユナイトモードに入って
サポート防御、インティメットストライクで押し切るって戦法で最後までいけてしまうバランス
今作はサポート関連をパワーアップさせたせいで、ユナイトモードありきになってしまった
まあその程度はイリスGFに比べたらそうでもないけど

サポート関連も含め、交替システムがプッシュされすぎ、そして交替しやすすぎ
そのためSP回復もしやすすぎで、SPの消費をそんなに気にする必要がなく強技連打になりがち
交替しやすいため、サポート防御が楽に行えるようになり
サポート攻撃が微妙でサポート防御がしやすいため、交替システムもサポート防御専用になりがち
そして敵の攻撃をきちんとサポート防御しとけば負けることはないバランスになっている

・調合
アイテムバランスが悪い、使いまくる材料が偏りすぎてて足りなくなる事が多くイライラ
協力調合がいろいろとできるようになったとはいえ、中盤以降はエト連打で楽にエーテル値100になる
何より問題なのは従属属性引継ぎをなくした事
これによって調合はエトでエーテル値100にするだけの単純作業を繰り返すだけになった
従属属性引継ぎがないので、カスタマイズ要素がなく新装備もパラメータが高い物をつけるだけ
しかもいらない装備品が多く、装備はほとんど替えなくていい
従属属性引継ぎがなくなり、いろいろと悩む楽しみがなくなってしまった

・グロウブック
埋めても達成感がない
文字が見にくい
エーテル値100でオープンした項目がしょぼい
前作みたいに分岐がなく全部自由にAP割り振れるのも、埋める達成感がないことに繋がっている
分岐がないため、どこに何を上げる項目があるのかわからずごちゃごちゃしている
分岐がないため、スキル項目が残り何個あるのかわからずAPを思い切って使えない
まあスキルは配置型だけオープンすればあとはいらないのだが
前作は通常攻撃+1回をあけるたびにわくわくしたけど、今作は通常攻撃する必要がないので開けなくていい
つまりグロウブックは、要る技だけ開けてあとはパラメータだけ上げとけばいいものになってしまった

・シナリオ
終盤まで本筋とは無関係のドタバタ騒ぎをやっていたと思ったら
最後の最後で急にシナリオが進んで、しかもアッサリ終わる
前作のように3年間でじわじわ進めるのはいいと思うが、今回1年間にしたせいで詰め込む隙がなかったんだろうけど
とにかくこじんまりしていてRPGとしてクリアした達成感にかける
ボリュームが少ないので、前作はアルバイトやら授業で一つのダンジョンに何度も行ったものだが
今作は1回行っただけで終わったダンジョンもちらほら

期間が1年だからそれに比例して講義が少なくなった
前作はいろんな講義から選択できたが、今作はグンナルの講義だけで一年終わった印象がある

前作キャラがトニとグンナル以外全く出てこない、触れられもしない
1年もしないうちに出した続編なのに、これはひどいんじゃないか
本筋に絡めないのはしょうがないにしても、せめてエクストラダンジョンの裏ボスとかでもいいからさ…
あとパメラを出せ

・音楽
戦闘曲はほぼ全曲ギターバリバリで、メリハリにかける
どれもいい曲だとは思うけど、1は序盤の戦闘曲が軽いからこそ激しい通常3が映えたと思うんだ
OPソングアレンジの使いどころがおかしい

・細かい点
学園内マップで行動先選択の際のアレで、ものすごくイライラが募る
ロードが長い
移動速度が速く敵にぶつかりやすい
ダンジョンの障害物が壊せない
OPがひどすぎる
受付のお姉さんのババァ声

●前作と比べて良かった点

・戦闘
演出が若干派手になった
サポート攻撃による2人連携技は爽快だし、バリエーションも豊富
インティメットストライク、インティメットガード、フィニッシュストライクと、ユナイトモード内でやれることが大幅に増えた
上の微妙だと思った点のとこで書いたように、行動選択時の戦略性は減ったが
サポート行動を起こすか否かの、瞬間的な判断が必要になり単調さを回避できてる
前作では微妙だったコモンスキルが使いやすくなった

・調合
前作では空気だった協力調合システムが強化され、いろいろ考えられる余地が増えた
エーテル値による効果と、その説明が見れるようになった
材料が足りなくなった時、その材料の調合画面に自動で移動できるようになった
調合釜とアタノールが一緒になった
材料の買出しが若干楽になった
バザーにより好きなアイテムを店頭に出せるようになった
調合アルバイトで依頼者の居場所を手帳で見れるようになった
調合アルバイトでエーテル効果の指定があり、アルバイトのやりがいが増えた

・グロウブック
称号が付いた

・シナリオ
なんといってもキャラが最高!
キャラデザインもすごくよくなってるし、キャラの中身も個性溢れまくってる
こんなにハチャメチャ破天荒なキャラばっかなRPGはないだろうってくらい濃い
女キャラはかわいいし男キャラはかっこいい(いろんな意味で)
キャラ別イベントも長くなっており、内容も面白くなった
RPGとしてのシナリオは短く簡潔だが、キャラ別イベントは凝ってる
個人的にリリアーヌはプレイ前からめっちゃ好きなキャラだったけど
それでも実際は予想以上遥かに良いキャラだった、マジで神キャラすぎる
今作はほんと好きなキャラがいるだけで買いかもしれない
システムはマナケミア1をベースしてて十分に遊べるし

・音楽
戦闘曲がノリノリな音楽が多くハズレ曲がなかった印象
主人公のルートによって音楽が違ったりと種類が多い
どちらかの主人公をクリアしたら、それ以降は一般アトリエにて通常戦闘BGMを選べる仕様
2の曲だけじゃなくてNeferititiも含めた1の戦闘曲全部から選べるのは太っ腹だわ

・細かい点
グラフィックが若干きれいになった
ダンジョンが色彩豊かで良い
採掘や釣りなどがミニゲームになり探索に多少メリハリがついた
EDを見るための分岐がシナリオ最終になり全員EDコンプがやりやすくなった
  1. 2008/06/03(火) 01:03:27|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<シレン3 | ホーム | マナケミア2クリア>>

コメント

つまり神ゲーということだな
  1. 2008/06/03(火) 02:44:10 |
  2. URL |
  3. ミミー大好き名無しさ #9OrklPnk
  4. [ 編集]

なんだ、神ゲーか
  1. 2008/06/03(火) 19:45:35 |
  2. URL |
  3. ミミー大好き名無しさ #-
  4. [ 編集]

まだ四章でありながら軒並み同意できるのですが
前作のCSが微妙だったと言うのは確実にダウト
  1. 2008/06/04(水) 21:55:57 |
  2. URL |
  3. ミミー大好き名無しさ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jumpingtale.blog6.fc2.com/tb.php/1030-17a001bb

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア2」公式サイトはこちらへ


-天気予報コム- -FC2-


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。