ほぼ生存確認用日記

一ヶ月更新なしでワンナウト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

富士山&東京見物その2

忘れられてそうですが旅行レポその2
実は写真よりこっちの方が主張したかったりする

富士山は…一生に一度は行っておいた方がいいと思いますよ。
降りる頃には来た事後悔するでしょうけどw
体力は、意外とあまり関係ない。なので年齢に関係なく登山は可能かと。
というのも、登りは全然足腰使わないからなんですよ。
どちらかと言えば心肺機能の方。
登りでは休憩所があっちこっちに設けられてるので
休めば全然大丈夫。休むと言っても野外のベンチですが。

ただ、缶入り酸素は買っておかないと死ねます。死にます。
登るごとに酸素が薄くなってほとんどの人が高山病みたいになるので
酸素吸わないと気持ち悪くて歩けません。
缶入り酸素の威力は思ったより強力で、一息吸えば完全回復してしまいます。
なので気持ち悪くなりそうだったら頻繁に吸うと良いかと。

缶入り酸素もですが、飲食料や杖などはできるだけ下で買ったほうがいいです。
登るごとに露骨に値段が上がっていって、頂上ではスゴイことになります。
ちなみに頂上では、トイレ一回200円、豚汁一杯800円、お守り一個1500円でした。
飲み物は、500ml~1リットルくらいで大丈夫かと。気温が低くて汗はかかないので重くなるほど買わないでいいと思います。
登り降りで合計10時間くらいかかってしまうので、食料は多めに。
カロリーメイト系がいいかも。
休憩所で買わなくて済むように、多めに持っていって行った方がいいです。

登り始める時間ですが、日の出を見る為には夜9時くらいが丁度いいかな。
自分達は8時前に出発しちゃって登るの早すぎたんですが。
しかし、頂上に4、5時に着くように行くと、人が多くて10合目付近では詰まります。
道は狭いのに人が詰まって全然進めません。
早めに出発すると人は少ないですが、頂上付近はめちゃ寒いし風も強いので
野外ベンチで時間潰しはキツい。休憩所の室内に入るにも料金が高いので
詰まってでもベストな時間で登る方がいいかな。
登りは、登るときよりも休憩してる時の方がキツいくらいだったんでw

格好は…カッパは要りますね。風が強く雨の威力も余計感じるので
上半身だけでもガードしておかないと。
服は、真冬装備くらいがちょうどいいかな。友達はスキーウェア着てましたが
寒さは感じなかったそうです。自分は冬用の厚めのウィンドブレーカーでしたが
寒くて死にそうでした。
6~8号じゃシャツでも構わないくらいなんですが、9号くらいからかなり寒かったですね。
荷物が重くなっても防寒具は必須です。

まとめると、登山道具は
背負えるリュック、缶入り酸素、軍手、懐中電灯、スキーウェア並みの上着、カッパ、飲食料、(デジカメ)
くらいは必須だと思われます。
あ、軍手は言ってなかったですね。
7~8合では、歩いて登るというよりは、岩だらけでロッククライミングみたいになるので
手を使いまくります。軍手ないと危ないです。
懐中電灯は夜に登る人用。途中からいらなくなりますけどね。
あと、コンタクトして登るのは絶対やめておいたほうがいいです。
本気で死にます。自分はデイリーの入れて登ったんですが途中で捨てたw
目が悪い人は眼鏡推奨。風が強くて砂が目に入りまくるのでコンタクトは危険です。
着替えは…どうだろう。汗かく人は上着一枚くらいはいるかな。
自分は汗かかない体質なので全然着替える必要性なかったですが。
なにせよ気温が低いですからね。登山はそんなに汗をかくわけでもないし。

杖は、微妙ですね。記念にはいいかもしれませんが
一本1200円だし焼印もショボいくせに金取るし
登る際には実用性が微妙なので。
単純な登り坂では、下がズズっと滑りまくるので杖は役に立つようですけど
岩地帯では邪魔でしかない。
あと、杖買うと後々持ち運びが大変です。
今回は東京見物したので、杖持って歩き回ってる友達は目立っていた。
ロッカーに入らないしww
空港の荷物受け取り場所では、流れてくる謎の棒が脚光を浴びてました

杖がなくても、登り坂の地面の滑りはなんとかなります。
道の端の壁や柵を掴みながら登ると負担が半分くらいになるかと。
そうでもしないと、かな~り下が滑るので体力的にも精神的にもかなり効いてきます。

登りは足の筋力はほとんど使わないんですが
大変なのは降りです。時間は半分くらいですが負担は 3 倍 くらいです。
余裕で登った自分も、降りではかなり泣きそうでした。
延々と降り坂を下っていくのですが、まず膝が踊り始める。
ふくらはぎやももにも効いてきて、歩くのが本当に辛くなります。
しかも休憩所がない。
降りのせいで、もう絶対富士山なんかこねぇと思いました。

自分達は、普通に降るだけだと負担に耐えられなくなってきたので
各自独特の走法を編み出していましたw
まず「バック走法」
後ろ向きで降ります。見た目はアレですが結構楽になります。
次に「小刻みステップ法」
一歩一歩足にズシンとくる負担を避ける為に、小刻みに足を出して降る方法。
効果はイマイチ
自分が編み出したのは「ディフェンス法」
バスケのディフェンス時のように、内股で横に踏ん張る感じ。
降る時に足を真ん前に出すと膝が死ねるので
斜め前にステップし、踏ん張る力を斜めにかける。こうすると膝の負担が減るので楽チン。
てか、同じ歩き方で通すのは不可能かとw
必ずどこかがやられる。

降りたら5号に戻りますが、ここには売店が結構あります。
ここで売っていたコケモモソフトクリームというのがおししかったのでオススメ。
ちなみにコケモモは桃じゃなくてコケです
MONSTER読んでる人ならわかると思いますけど。
食堂は、帰る時(昼)は開いてましたが登る時(夜)は開いてなかったですね。
やはり食料は持参で。パンや軽食系で合わせて二食分くらいあった方がいいかもしれませんね。

売店や休憩所では、なんだか接客員が揃いも揃って不快な印象でしたね。
特に休憩所。お客さんと接してるという感覚がないようです。
愛想もないし売り上げのことしか考えてないような…
外人登山客を言いくるめて中に誘導しまくってました。
自分が1人で休憩所の前を通り過ぎていった時はスルーだったのに
友達と大勢で通り過ぎると言い寄ってきて中に誘導してきたムカついたなぁ。
まぁ友好的な人も(1人だけ)いましたけどね。
なるべくこういう所のお世話にならないように装備はキッチリと。
  1. 2006/08/11(金) 05:42:30|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ヒリヒリ | ホーム | 甲子園>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jumpingtale.blog6.fc2.com/tb.php/582-54b8f964

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア2」公式サイトはこちらへ


-天気予報コム- -FC2-


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。